「社会が存在する」ジョンソン英首相発言の背景は…

型コロナウイルスに感染し生還したイギリスのボリス・ジョンソン首相が、自己隔離中にビデオメッセージで「社会というものがまさに存在する(there really is such a thing as society)」と発言。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-05-24/2020052401_05_1.html



 英紙「ガーディアン」(3月29日付)は、ジョンソン首相のメッセージを報じた中で「首相は、彼の保守派の先祖であるマーガレット・サッチャーによる1987年の純潔個人主義への支持―『社会なんてものは存在しない(there is no such thing as society)』という雑誌での発言を否定した」としました。


 サッチャー元首相の言葉とは、「社会なんてものはない。あるのは個々の男たちと女たち、家族である」というもの。戦後イギリスの福祉国家体制を否定し、徹底した個人の「自己責任」を強調する新自由主義の「哲学」を表明したものでした。


 新自由主義とは、「市場原理至上主義」ともいわれるように、すべてを市場の競争に任せ、資本=企業に対する規制は少ないほど良いという主張と政策です。


 労働力の売買=雇用をめぐる規制緩和が重要な内容で、派遣労働をはじめとする非正規雇用の拡大や労働時間規制の緩和が進められてきました。巨大企業の税負担、社会保障負担の軽減と一体に社会保障そのものを削減し、個人や中小企業を守るための企業活動に対する規制も徹底的に緩和してきました。


「NHSを守れ」

 ジョンソン首相は保守党党首で、「サッチャー哲学の継承者」「新自由主義の申し子」と目されてきた人。そのジョンソン首相が、「コロナウイルスは『社会というものがまさに存在する』ことを証明した」と発言し、「われわれのNHS(国民保健サービス)を守れ」と発信したことが、驚きをもって受け止められています。


 英首相自身が新型コロナウイルスに感染し、一時は助からない可能性があるとまで言われていただけに、首相自身の中で何かが変わったのか、今後に注目です。



日本も変わるとき

 コロナ危機がいま、世界中で新自由主義に変革を起こしている。

 国は個人と社会を守るために、公衆衛生、医療、介護などの社会保障システムを守り、倒産、失業の危機から国民を救わなければならない。


 日本の安倍首相と言えば、いつまでたっても休業補償には冷たく、自己責任とばかりの態度が続いています。


 日本もいまこそ財界による政治の歪み、新自由主義的な考え一辺倒から変革が求められているのではないか。


#ジョンソン英首相 #コロナ禍 #コロナ感染者 #コロナ #コロナ症状

最新記事

すべて表示

伊勢原市の介護保険料の平均年3600円増の条例改正が伊勢原市で可決

私たちは、介護保険料の負担増に反対し、今回の値上げについての根拠が不明確なため、教育福祉常任委員会では継続審議を主張しましたが、否決されてしまいました。 以下は、私が議会最終日に行った反対討論の中身です。 本議案は、第8期の介護保険料基準額を現行5200円から5500円に引き上げるものです。 介護保険料の増加要因として、市は①要介護等認定者数の増加に伴う介護給付費の増加、②介護報酬改定に伴う介護給

議案第11号 伊勢原市企業立地促進条例の一部を改正する条例について 反対討論

大山インター周辺の開発のために、企業を優遇して誘致するための条例の延長を行うものです。実は、全国的には、高速道路とその周辺の企業誘致政策は、失敗していることが多く、誘致できても企業が撤退し、空洞化している自治体も出ています。決して投資効果や雇用の増にはつながらず、長期的に見た時に成功しているところが少ないのが現状です。 以下、反対討論の内容です。 日本共産党伊勢原市会議員団を代表して、議案第11号

陳情第3号 大学・専門学校での新型コロナ感染症対策として行われている、キャンパスに通わなくても払い続けている設備費用及び休学費用の負担軽減のための補助金制度の創設に関する陳情

3月議会で出された陳情です。 日本共産党と神奈川ネットが賛成しましたが、 創政会、公明党、いせはら未来会議、光風会の反対により不採択となりました。 以下、最終日に私が行った賛成討論です。 これを不採択にする理由はないと思いますが、皆さんいかがでしょうか。 本陳情は、新型コロナウイルス感染症が拡大する中、経済的困窮に置かれている学生がいる世帯や、学生への経済的・生活の支援、大学専門学校の設備費用や休

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • Twitterの社会のアイコン

ご意見などお気軽にお寄せください

© 2023 トレイン・オブ・ソート Wix.comを使って作成されました