伊勢原駅北口周辺地区整備事業について



伊勢原駅北口周辺地区整備事業について、市から説明を受けました。


再開発組合に貸し付けた、市債権を放棄し、新たな再開発事業をスタートさせたいようです。



平成2年に都市計画決定されてから30年以上が経過。


再開発組合には6.6億円もの借金だけが残り、当時の事業は頓挫し、駅前開発は遅々として進まず現在に至ります。


伊勢原駅北口の再開発にあたり、市が再開発組合に貸し付けていた、6.6億円の市債権を放棄し、改めて北口再開発事業を進めたいとのこと。


しかし、不明な点も多く、莫大な費用のかかる事業のため、本当にこの計画で令和10年に事業が完了し、市民にとってよろこばれる再開発事業となるのか。


そもそも、6.6億円もの市債権がなぜ発生し、どう反省し、どう教訓として活かしていくのかが全く見えません。


9月にも議案として提案される様相ですので、様々な情報を整理し、随時みなさんに発信していきたいと思います。


是非ご意見、ご感想お寄せください。


また、市にも直接、意見を届けてください。


#伊勢原市

#伊勢原駅

#北口

#再開発事業

#債権放棄

#都市計画

最新記事

すべて表示

市債権放棄の議案に対する質疑と答弁

9月6日に行われた9月議会で、伊勢原駅北口周辺地区整備事業の推進のために、過去の事業の失敗のために残った再開発組合に貸し付けている約6.6億円の市債権の放棄の議案に対し、質疑を行ったのでその概要を報告します。 明日(9月8日)、9時半から、産業建設常任委員会にて、日本共産党伊勢原市会議員団の宮脇議員が質疑や議論を行いますので、お時間のある方は傍聴にお越しください。 私からは、大きく5点について質問

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • Twitterの社会のアイコン