伊勢原市議会議員の議員報酬の減額措置

6月議会の議案の中で、議員提出議案として、議員報酬の削減が提案されています。

提案理由としては、新型コロナウイルス感染症対策に伴う財政状況及び地域経済への多大なる影響を踏まえ、市民生活や市内経済の支援策に充てるためとしています。



■内容は7,8,9月の議員報酬から10%の額を減額するものです。


 市民感情からすれば、今回の議員報酬の減額措置には賛否があると思います。


 今回、全会派一致で提出されていますが、事前の協議の中でも、「減額されてもどういったものに明確に使われるかわからない」「いつから減額措置をおこなうのか」「議員活動に対する報酬であり、市民のために最大限活動することが必要であり、減額することが議員の仕事ではない」など様々な意見が出ています。


 私個人的には、本来、報酬に見合った活動を行うのが議員で仕事であり、市民から「議員が報酬を減額するのは当然だ」と言われないために、普段からしっかりと活動するべきと考えます。


 その分プレッシャーもかかるわけですが、それぐらいプライドをもって私たちは議員活動をしなければいけないと、改めて自戒を込めてブログに残しておきます。


#伊勢原市 #伊勢原市議会 #議員報酬減額

最新記事

すべて表示

本日の議会運営委員会で、3月議会から一般質問の時間を1人50分にする提案がされ、その場で多数決で決定決されてしまいました。 私たち日本共産党伊勢原市会議員団は反対しました。 コロナ禍で、議員の一般質問の時間を1人1時間から45分に制限されていました。 他市町村はとっくにコロナ禍以前のように戻されています。 そんな中での出来事です。 一般質問は、議員が様々な市の問題について質問ができる議員の重要役割

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • Twitterの社会のアイコン