伊勢原市特別職員(市長、副市長、教育長)の給与の減額

6月議会では、市長、副市長、教育長の給与についても7,8,9月の給与をそれぞれ、市長20%(現在10%減)、副市長10%(現在5%減)、教育長10%(現在5%減)を減額する議案も出されています。



 議員報酬の削減の中でも書いていますが、やはり、給与に見合った政策の推進を行うことが必要で、本来は市民のための行政運営を行えていれば、給与を削減しなくてもいいはずです。


 しかし、この間、公共施設の有料化や下水道料金の値上げなど、市民負担を増やしておきながら、実は、議員も特別職員も期末手当や給与が引き上げられていたことをご存知でしょうか?


 ですから、今回の特別職員の給与の引き下げについては、私は賛成するつもりです。


 市民の皆さんはどうお考えでしょうか。


#伊勢原市 #伊勢原市特別職員 #給与削減 #伊勢原市議会


最新記事

すべて表示

本日の議会運営委員会で、3月議会から一般質問の時間を1人50分にする提案がされ、その場で多数決で決定決されてしまいました。 私たち日本共産党伊勢原市会議員団は反対しました。 コロナ禍で、議員の一般質問の時間を1人1時間から45分に制限されていました。 他市町村はとっくにコロナ禍以前のように戻されています。 そんな中での出来事です。 一般質問は、議員が様々な市の問題について質問ができる議員の重要役割

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • Twitterの社会のアイコン