伊勢原駅北口周辺地区整備事業について②

「伊勢原駅北口周辺整備事業について①」で、市から組合に貸し付けた、約6.6億円の市債権を放棄し、新たに再開発事業を進めたいとの説明があり、これまでの経過や、市民の声が反映される整備事業となるのか。

 再開発事業の基本構想案はどういったものかなどを掲載し、疑問点や見解を載せました。

 引き続き、疑問や市民の声など掲載します。


日本共産党伊勢原市会議員団の見解


日本共産党伊勢原市会議員団は、伊勢原駅北口周辺整備を進めるにあたり


①過去の事業失敗、市債権発生の反省や教訓、責任所在をはっきりさせること。


②市民の意見も踏まえ、伊勢原駅前や周辺の全体構想をどう考えているのか。


という点を明らかにし、市民に説明する必要があると考えています。



総事業費(想定)は約170億円



過去の事業も組合施行によって実施されてきました。


しかし、結果的に事業が失敗し、多額の借金だけが残されてしまいました。


こうした過去の組合施行による失敗や反省、教訓はどこにあるのか。


そうした説明抜きに市債権を放棄し、また新たに組合を作り、事業を進めて良いのでしょうか。



なぜ組合施行の事業実施にこだわるのか



駅前周辺の商店や住民の声

※この間、駅前周辺を回り、商店や駅利用者の方に直接聞いた声です。





  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • Twitterの社会のアイコン