安保条約について

 日本共産党の綱領について、一部の政党やメディアから、「日本共産党の言っていることは現実離れしている」など繰り返されています。

 また、中国共産党や北朝鮮などと、日本共産党を同列視する方もいます。

 テレビなどで報道された勝手な共産党のイメージがそのまま入っていることもあります。

 

 そうした中で、日本共産党の立場や考え方について、この度、リーフができましたので、ぜひご覧いただければと思います。

https://www.jcp.or.jp/web_download/2022/01/202201-jcp-gimon-t.pdf


 このブログでも継続して発信していきますので、ぜひご覧いただければと思います。




安保条約について


米軍は日本を守ってくれる?

 海兵遠征軍、空母打撃群、遠征打撃群、航空宇宙遠征軍…、日本にいる米軍は海外への“殴り込み部隊”ばかりです。

 「沖縄の海兵隊に日本防衛の任務はない」(米国防長官、85年)。

 日本を守る”は神話です。



日本が侵略戦争の出撃基地に

 実際、在日米軍基地は、ベトナムやイラクなどの侵略戦争で米軍の出撃拠点となりました。

 アメリカが戦争を始めれば、守ってもらうどころか、戦争に否応なく参加させられる。

 これが日米安保条約です。



対等・平等・友好の日米友好条約に

 安保条約は、第10か条で〝一方は通告すれば、1年後に終了〟と定めています。

 国民多数の合意で、条約にもとづき軍事同盟をやめて、平和と友好の日米新時代をひらこうというのが日本共産党の提案です。


 日米安保条約をなくしてこそ平和なアジアになるとの主張です。


 この間の、コロナ対応の中でも、米軍だけは、通常の米国人同様の入国管理・検疫が実施されておらず、その結果、感染が拡大しました。

 米軍に特権を与えている、日米地協定の抜本改正も必要ですし、その根本にある日米安保条約をなくすことこそ必要です。

 米軍基地を置いている国で、米軍にこんな特権的な地位を与えているのは日本だけです。


  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • Twitterの社会のアイコン