BLACK LIVES MATTERに連帯する

 米中西部ミネソタ州ミネアポリスでアフリカ系(黒人)男性ジョージ・フロイドさんが白人警官い殺害された事件で、全米約140都市で抗議デモが広がっています。ほとんどが平和的に行われ、警察官が参加したところもあります。



 これを受け、抗議デモに対し、トランプ大統領が米軍投入方針を出すことに、怒りが拡大。ホワイトハウス前での平和的デモの強制排除で国民の怒りはさらに高まっています。


 さらに、多くのアーティスト、スポーツ選手、米空軍の最先任上級曹長までも強い抗議の意思を示し、警察官も連帯する、これはアメリカの凄い所です。


 さらに、さらに、米国防長官が大統領の方針に反対を表明するなど、閣僚が明確に大統領に異を唱えるなんてこと、今の日本では絶対にありえないことです。


 しかし、日本でも、各地でスタンディングが呼びかけられ「差別は決して人ごとではない。声を上げ続けよう」と訴えが広がっていることに希望を感じます。


 黒人に対して行われてきた差別の歴史は、私が想像する以上に過酷で、根深くアメリカ社会に残っているものであると思います。

 

 ネット上に広がっている、様々な意見や動画などを見て、また黒人の歴史についても今一度考えるきっかけにもなりました。


 いま、私の中で、あらゆる人種差別も絶対に許さず、多様性を尊重するということは、生きる上でも、議員として活動するうえでも、親としても自分を形づくる柱の一つとなっています。


 今回のBLACK LIVES MATTERについても、改めて連帯の意を表したいと思います!!



#BLACKLIVESMATTER #nohate #伊勢原市 

最新記事

すべて表示

伊勢原市の介護保険料の平均年3600円増の条例改正が伊勢原市で可決

私たちは、介護保険料の負担増に反対し、今回の値上げについての根拠が不明確なため、教育福祉常任委員会では継続審議を主張しましたが、否決されてしまいました。 以下は、私が議会最終日に行った反対討論の中身です。 本議案は、第8期の介護保険料基準額を現行5200円から5500円に引き上げるものです。 介護保険料の増加要因として、市は①要介護等認定者数の増加に伴う介護給付費の増加、②介護報酬改定に伴う介護給

議案第11号 伊勢原市企業立地促進条例の一部を改正する条例について 反対討論

大山インター周辺の開発のために、企業を優遇して誘致するための条例の延長を行うものです。実は、全国的には、高速道路とその周辺の企業誘致政策は、失敗していることが多く、誘致できても企業が撤退し、空洞化している自治体も出ています。決して投資効果や雇用の増にはつながらず、長期的に見た時に成功しているところが少ないのが現状です。 以下、反対討論の内容です。 日本共産党伊勢原市会議員団を代表して、議案第11号

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • Twitterの社会のアイコン

ご意見などお気軽にお寄せください

© 2023 トレイン・オブ・ソート Wix.comを使って作成されました