5月臨時議会の報告(新型コロナウイルス関連) 議員団ニュースNo.569

5月14日に開催された、伊勢原市議会5月臨時議会について報告します。

新型コロナウイルス対策関連の議案が主な内容となります。


①介護保険料の所得段階が第1段階~第3段の者に対する軽減について ②国民健康保険の被保険者に対する傷病手当金について ③低所得者に対する国民健康保険税の軽減世帯の拡充に ついて ④国民健康保険税及び介護保険料の減免について ⑤令和2年度伊勢原市一般会計補正予算(第2号)  ・特別定額給付金  ・子育て世帯への臨時特別給付金  ・伊勢原市新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金
⑥髙山市長に新型コロナウイルス対策の要望書提出




最新記事

すべて表示

本日の議会運営委員会で、3月議会から一般質問の時間を1人50分にする提案がされ、その場で多数決で決定決されてしまいました。 私たち日本共産党伊勢原市会議員団は反対しました。 コロナ禍で、議員の一般質問の時間を1人1時間から45分に制限されていました。 他市町村はとっくにコロナ禍以前のように戻されています。 そんな中での出来事です。 一般質問は、議員が様々な市の問題について質問ができる議員の重要役割

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • Twitterの社会のアイコン