陳情第2号国に「親子交流への名称変更を求める意見書の提出」を求める陳情

 本陳情は、日本共産党伊勢原市会議員団だけが賛成し、賛成少数で不採択となりました。



 以下、私が委員会で述べた賛成意見です。


 本陳情は「面会交流」という表現を「親子交流」へ変更を求めるものです。面会交流とは、別居または離婚後に、子どもを養育・監護していない方の親によって行われる子どもとの面会および交流のこととされています。面会交流がうまく行われていると、子どもはどちらの親からも愛されていると感じることができ、子どもの福祉に資するといわれています。

多くの国では、国連の委員会による子どもの権利条約が批准された後、面会を意味するaccessという言葉は、contact(交流すること)という言葉に置き換えられており、また、子どもが健全に発育するためには両親の協力が不可欠で、国連の子どもの権利委員会も、用語を「養育権」や「面会権」から、「共に暮らすこと」、「交流を保つこと」に変更するよう提唱しています。

近年、アメリカ合衆国では、「親子の時間 Parenting time」、英国では「親の義務 Parental responsibility」という言葉が使われることが多くなっています。

 本陳情の、「親子交流」という名称へ変更にするかどうかは議論が必要ですが、少なくとも、国連委員会による子どもの権利条約の点からみれば、「面会」という名称について変更することの議論は必要と考えるため、本陳情に賛成の意見とします。


#伊勢原市 #伊勢原市議会 #陳情 #面会交流 #親子交流


最新記事

すべて表示

伊勢原市の介護保険料の平均年3600円増の条例改正が伊勢原市で可決

私たちは、介護保険料の負担増に反対し、今回の値上げについての根拠が不明確なため、教育福祉常任委員会では継続審議を主張しましたが、否決されてしまいました。 以下は、私が議会最終日に行った反対討論の中身です。 本議案は、第8期の介護保険料基準額を現行5200円から5500円に引き上げるものです。 介護保険料の増加要因として、市は①要介護等認定者数の増加に伴う介護給付費の増加、②介護報酬改定に伴う介護給

議案第11号 伊勢原市企業立地促進条例の一部を改正する条例について 反対討論

大山インター周辺の開発のために、企業を優遇して誘致するための条例の延長を行うものです。実は、全国的には、高速道路とその周辺の企業誘致政策は、失敗していることが多く、誘致できても企業が撤退し、空洞化している自治体も出ています。決して投資効果や雇用の増にはつながらず、長期的に見た時に成功しているところが少ないのが現状です。 以下、反対討論の内容です。 日本共産党伊勢原市会議員団を代表して、議案第11号

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • Twitterの社会のアイコン

ご意見などお気軽にお寄せください

© 2023 トレイン・オブ・ソート Wix.comを使って作成されました