少人数学級実現の学習交流会

先週土曜日に参加してきました。

新型コロナウイルス感染拡大を機に、少人数学級への機運が高まり、その実現に向けて国も動き始めました。

教育予算の対GDP比が最低の国

未だに日本の教育予算はOECD諸国で対GDP比で最下位…。

OECD平均が4%に対し、日本は2.9%


これを見ただけでも、子どもたちがいかに大切にされていない国かが分かります。

OECD平均にするにはあと6兆円が必要です。

国が出した試算では、約7800億円、GDP比2.9%を3%にするだけで30人以下の学級が実現が可能です(※ただし、教員の1人あたり660万円で試算した場合。ハード面のお金は含まない)。

OECD諸国では、少人数学級が当たり前

また、OECD諸国の、一学級当たりの人数上限が30人以上という国もほとんどありません。




これぐらい日本の状態がいかに異常かということがわかります。

子どもたちをお金でしか見ていない今の政府や政権を変えないといけない

骨太方針2020の中に、少人数という文言が入り、2021年度予算換算要求の中にも学級編制の標準の引き下げという文言が初めて入りました。

しかし、少人数"学級"と書いていないことなど、財務省がネックになり、教育をお金(費用対効果)でしか見ていないことに大きな問題があるということでした。

子どもたちに対する教育を経済効率でしか見れない体質を変えないといけません!


引き続き、私も世界では当たり前の少人数学級実現に取り組んでいきたいと思います!


最新記事

すべて表示

伊勢原市の介護保険料の平均年3600円増の条例改正が伊勢原市で可決

私たちは、介護保険料の負担増に反対し、今回の値上げについての根拠が不明確なため、教育福祉常任委員会では継続審議を主張しましたが、否決されてしまいました。 以下は、私が議会最終日に行った反対討論の中身です。 本議案は、第8期の介護保険料基準額を現行5200円から5500円に引き上げるものです。 介護保険料の増加要因として、市は①要介護等認定者数の増加に伴う介護給付費の増加、②介護報酬改定に伴う介護給

議案第11号 伊勢原市企業立地促進条例の一部を改正する条例について 反対討論

大山インター周辺の開発のために、企業を優遇して誘致するための条例の延長を行うものです。実は、全国的には、高速道路とその周辺の企業誘致政策は、失敗していることが多く、誘致できても企業が撤退し、空洞化している自治体も出ています。決して投資効果や雇用の増にはつながらず、長期的に見た時に成功しているところが少ないのが現状です。 以下、反対討論の内容です。 日本共産党伊勢原市会議員団を代表して、議案第11号

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • Twitterの社会のアイコン

ご意見などお気軽にお寄せください

© 2023 トレイン・オブ・ソート Wix.comを使って作成されました