安保法制について

日本が戦争に巻き込まれる危険がここに

日本が攻撃されていないのに…

 自公政権が強行した安保法制は、憲法違反の集団的自衛権を容認し、日本への攻撃がなくてもアメリカや戦争に参戦する仕組みです。

 過去最大の軍事費や「敵基地能力の保有」の検討など「戦争する国づくり」への暴走は、その具体化です。


安保条約の是非を脇において

 憲法違反の安保法制の廃止、沖縄の米軍新基地建設の中止、核兵器禁止条約への参加…。

 緊急課題の解決へ、私たちは、〝安保条約への賛否〟をこえて、皆さんと皆さんと力をあわせます。


「9条守れ、憲法生かせ」の大運動を

 自民・公明政権の狙いは9条改憲で、大手をふって戦争できる国にすることです。共産党は、始まった新しい憲法署名を広げる先頭にたってがんばります。



  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • Twitterの社会のアイコン