伊勢原市と近隣市のコロナ対策比較

伊勢原市は近隣市と比べても、新型コロナ対策のスピード感が遅すぎる。5月の臨時議会では、国からの臨時交付金限度額が2億300万円とでありましたが、予算は9050万円のみ。

以下、5月27日時点の施策の比較表です。(若干、伊勢原市に追加項目がありますが、大きくは変わりません)





市民の皆さんはこれをみてどう感じますか?


国の補償が不十分であり、国が本来全国どこでも差が出ないように保証することが前提ではありますが、緊急時こそ、各自治体の首長の政治判断、スピード感、リーダーシップが問われます。


その点、伊勢原市はあまりにも遅すぎる。


近隣市との差は歴然で、これこそ衝撃の事実です。


#伊勢原市 #コロナ対策 #コロナ対策協力金 #自粛と補償はセット

#地方創生臨時交付金



最新記事

すべて表示

日本共産党国会議員団は4日、「政党助成法廃止法案」を参院に提出しました。 https://www.jcp.or.jp/akahata/aik21/2022-02-05/2022020501_01_0.html 以下、日本共産党の田村智子政策委員長の会見の全文です。 本日、日本共産党国会議員団として参議院に、「政党助成法廃止法案」を提出しましたので、報告します。 政党の政治活動を支える政治資金は、本

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • Twitterの社会のアイコン